新しいレトロ喫茶、という新ジャンル「喫茶ネグラ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

中高生の頃憧れの街だった、下北沢。
街を歩いて感じるワクワク感は、今でも変わっていません。
今までも何軒もの喫茶店をご紹介してきましたが、今回のお目当ては人気店の「喫茶ネグラ」。


蔦に覆われた看板が、隠れ家感を醸し出しています。
路地の奥にある為、実際隠れ家ではあるのですが、入口はガラス張りなので程よい薄暗さ。


運よく席が空いていて、可愛らしいスタッフさんが「どうぞ」と仰って下さいました。
店内に流れているのは、昔からあるレトロ喫茶では絶対にあり得ない、アンビエント・エレクトロニカ。


沢山のクリームソーダの写真付きメニューは、見ているだけでワクワクしますが、私には冷たいドリンクを飲む習慣がないんですよ、残念ながら。
ということで、チョコマシュマロトースト(680円、ドリンクセット930円)を頼むことにしました。
コーヒーはそんなに種類が多くなく、メニューの一番上が「今日のコーヒー」(530円)で、その下の「ホットコーヒー キャラメラード」(630円)は売り切れ、あとはアレンジコーヒーだったので、今日のコーヒーを。


私が座っていた席は全てソファで、透明なテーブルにはゲーム機や音響機器などのレトロな電子機器が入っています。
自由に遊んでいいのかな?と思いましたが、取り出す場所が見当たらなかったので、単なるディスプレイかも知れません。


店内を見渡すと、天井からはランプや豆電球のコードが張り巡らされている合間に、雲をイメージしているのでしょうか、フワフワの綿が吊るされています。
感染症対策でもあるのでしょうか、席同士は衝立で仕切られているので、混んでいても他のお客の存在があまり気になりません。


壁にトートバッグが掛かっているのは、販売しているのかな、と思っていたら、サイトを見るとお洋服や雑貨の販売もしているようです。

コーヒーは、汽車の絵がプリントされた可愛い陶器のカップ&ソーサーでサーブされました。
ペーパードリップのようですが、口に含むと苦味の中に微かな甘味があり、ちょっと変わった風味。


マシュマロトーストのアーモンドとチョコとマシュマロの甘々によく合いました。
添えられたブルーベリークリームがアクセントになって良かったです。

このお店に入って、「新しいレトロ」というちょっと矛盾したキーワードが頭に浮かんだのですが、グルメサイトに同じことを書かれているレポートがありました(笑)。
いつの間にか満席になっていて、そこへ新たなお客様がいらしたので出ることに。


スタッフさんに「今日のコーヒーは何だったんですか?」と尋ねると、「ショコラです」と言われて納得しました。
今度はクリームソーダ好きな誰かと訪れてみたいです。

※喫茶ネグラ
住所:東京都世田谷区北沢2-26-13 PACKAGEONE 1F 北側
電話番号:03-6361-9874
営業時間:11:30~20:00、月・火休
URL:https://kissanegura.com/

喫茶ネグラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存