「モア」の薄暗い店内で、心地良いジャズに浸る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4

吉祥寺のジャズ喫茶といえば、寺島靖国氏の経営する「メグ」。
小学5年生の頃、ジャズファンである父親に、この街に連れて来られた懐かしい記憶があります。
残念ながらその時は、「メグ」の場所が分からずお店に行けずじまいで、いちご大福をお土産に帰宅したのでした。
その「メグ」もとうとう閉店してしまいましたが、同じく寺島氏の経営するここ「モア」と、その上にある「ジョンヘンリーズ スタディ」には、幸い何度か訪れることができました。
といっても、最初からそうと知っていた訳ではありません。
友人から良いお店があると聞いて入ってみて、ふとお手洗いに立ったらそこに寺島氏のポスターが貼ってあったのです。

そんな「モア」に今回は、友人と近くでの用を済ませた後に立ち寄ってみました。
最初は他のお店に行こうとしていたのですが、禁煙だったので、スモーカーの友人の希望を聞いて探したところ、こちらのお店に行き当たりました。


結構来るのが久しぶりだったので、改めて見てみると、入口は花柄の壁紙に可愛らしいイラストボードが掛かっていて、意外とファンシーです。


でもお店の中に入ると、古木の色で統一された、渋い内装。


流れているのはもちろんジャズ。棚に並んだCDも恐らく皆ジャズでしょう。


といっても、ジャズ喫茶やクラシック喫茶でたまにある、皆シンとスピーカーの音に耳を傾けているような、かしこまった雰囲気ではありません。
もう17時を回っていましたが、1000円でコーヒーか紅茶が付いてくるというお得なランチメニューがまだ頼めるようです。
パスタやオムライス、ドリア、肉料理などバラエティに富んでいて、しかも喫茶店にありがちなこじんまりとしたものではなく、ソウルフードといって良いようなワイルドな盛り付け。
結構迷いましたが、デミグラハンバーグ ロコモコ風をコーヒーで頼みました。
友人はアイスコーヒーのみ注文。


他のお客もチラホラいましたが、若者が多かったのもジャズ喫茶とは少し違うところ。
運ばれてきたハンバーグ、予想通りというかかなりしっかりした味付けで、満足できました。


コーヒーはそれに反して、意外とさっぱりした感じ。


話しているうちに窓の外が暗くなってきて、すると照明の明るさも数段暗くなりました。


友人も、このお店の雰囲気がすっかり気に入った様子です。
後日、友達を連れて行きたい、と連絡があり、教えてあげて良かった、と思いました。

※モア
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 山水ビル2F
電話番号:0422-21-3007
営業時間:[月~木、日]11:30~翌0:30、[金・土・祝前日]11:30~翌1:30、無休

モア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存