悩める少女の記憶と幻影の世界、物語喫茶室「エセルの中庭」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

好きな喫茶店は数あれど、一番を選べと言われたら、決められなくて困ってしまうのではないでしょうか。
でも私が今、一番好きと言っても過言ではないのが、ここ「エセルの中庭」です。
元々2階にある「アール座読書館」も、大好きなお店です。
その姉妹店が、アール座のすぐ上にできたと聞いてから、実際に訪れるまで、しばらくかかりました。
一旦足を踏み入れるや、すっかりこの空間に、夢中になってしまったのです。
「少女の心の中で作り上げられた物語の空間」このコンセプトが、まず私の心を射抜きました。
物語喫茶室というだけあって、店内では朗読のCDが流れています。
私のサイトの名前が「Asphodel Garden」であるように、庭園、というのも、私がとても心惹かれる要素です。

以前から一緒に行こうと約束していた友人からのお誘いで、久しぶりに細い階段を上りました。


鉄製のアーチが、庭園への入口となって私たちを招き入れてくれます。
平日の夜には度々、この夢のような空間を独占するという贅沢を味わうことができます。
でも、お店の存続の為には、もう少しお客様に来て貰わないと、というジレンマも・・・。


いつも大抵、古代魚のいる大きな水槽の側の席に座ります。
飼われているのが大きめの古代魚ばかりというのが、何ともこの謎めいたお店に相応しいのです。


アルバムのような美しいメニューを開きます。


ドリンクメニューは全て、680円。
このお店では魅惑的な名前の付けられた、フレーバーティが頼みたくなります。
夏らしく「トロピカル」と、スコーン&クッキーセット(370円)を頼みました。
友人は「石垣」という林檎を挟んだクランブルケーキのドリンクセット(1300円)を。

写真撮影の許可を頂き、店内を探索。


キッチン前には小さなカウンター。


その前には、鉱物標本やアンティークな小物などが展示販売されているガラスケース。


天井からは、ドライフラワーやシャンデリアに混じって、木馬が吊るされています。


時々、星空が見えるのです。


反対側の奥には、お人形が飾られたガラスのキャビネット。


街灯の傍らには噴水と、女神の彫像。


コンパートメントのようになったテーブル席の壁には、象徴派などの絵画のプリントの入った小さな額が、幾つも飾られています。


注文の品が運ばれて来たので、席に戻りました。


ポットサービスの紅茶は濾されて淹れられているので、出過ぎる心配はありません。


スコーン、クッキー、クランブルケーキ、いずれも素朴な味わいでした。

「石垣」には、物語の記された小冊子がついてきます。

以前は22時まで営業していたと思うのですが、今は20時までのようで、お茶が無くなった頃に閉店時間を告げられました。
僅か1時間程の滞在でしたが、満ち足りた時を過ごさせて頂きました。

※エセルの中庭
住所:東京都杉並区高円寺南3-57-6 3F
電話番号:03-6383-1974
営業時間:[火~金]14:30~20:00、[土日祝]14:00~20:00、月休
URL:http://garden3ethel.blog.fc2.com/

東京都杉並区高円寺南3-57-6 3F

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存