買い物の合間に「カフェ・ドゥ・スヴゥニール」の珈琲で一服

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

とある平日の午後、中野ブロードウェイのお店で用事を済ませて、さてどこかで一休み、とお店を探しました。
「クラシック」が営業していた頃は、どこかでおやつを買って「クラシック」へというのが定番でしたし、その後「ミルククラウンカフェ」や「オメガアルゲア」に通っていた時期もありましたが、今はどちらもありません。
そんな中野ですが、意外と行ったことがないレトロな雰囲気の喫茶店は多いので、取材するお店はよりどりみどりです。
ブロードウェイから近いということもあり、「カフェ・ドゥ・スヴゥニール」に行ってみることにしました。


お店は、煉瓦造りの洒落たビルの2階。
路地の入口にあった看板には、「今日のおすすめ 焼いたチーズケーキ」とあります。
ここもケーキが美味しいのか、と期待が高まりました。
扉を開けると、右手の窓のある小部屋にはテーブル席、左手にはカウンターと二人掛けの小さなテーブルが並んでいます。


一番奥の小テーブルに案内されました。横には、趣味の本が何冊か並べられています。



向かい側を見ると、そこにも個室があります。全部合わせて20席くらいでしょうか。


照明が暗目で、落ち着いた雰囲気。
ブレンドはケアブレンド、ラぺブレンド(いずれも500円)とあり、どちらも濃さは同じくらいだけれどケアブレンドの方が苦味が強めです、とマスターらしき男性が説明して下さったので、ケアブレンドにしました。
ケーキ(全て400円)はお勧めに従って、焼いたチーズケーキを。
注文の品が運ばれてくるのを待つ間、購入した手紙小説を開封してみます。
ユーモラスな文体にくすり。


さて、ケアブレンドが運ばれて来ました。 カップはリチャード・ジノリの「イタリアンフルーツ」。
口に含むと、確かにしっかりした苦味。ちょっとワイルドな風味もあります。


チーズケーキは、三層になっています。
上は柔らかく甘いクリームの層。真ん中は爽やかな酸味と濃厚さのあるフィリングで、一番下はシナモンの効いた固めの生地になっています。
お勧めするだけあって、とても美味しいケーキでした。


1時間くらい経ったところで「あと10分程で追加注文がかかります」とマスター。
あまり長居して欲しくないのかな?
それを機に、席を立ちました。

※カフェ・ドゥ・スヴゥニール
住所:東京都中野区中野5-67-12 丸善ビル2F
電話番号:03-3228-2821
営業時間:[月、火]11:30~20:00、[木~土]10:00~20:00、[日]12:00~20:00、水休
URL:https://www.facebook.com/pages/%25E3%2582%25AB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A7-%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A5-%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A5%25E3%2583%25B4%25E3%2583%258B%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB/116889951698249

東京都中野区中野5-67-12 丸善ビル2F

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存