セレブな街のレトロ喫茶「カフェ フォリオ」でラテアートを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

代官山といえば、おしゃれでこだわりのショップが多いことで知られる街。
カフェも例外ではなく、オープンテラスのいかにも外国の街角にでもありそうなお店が多く、雰囲気もとても良いのですがお値段も高め。
その中にあって、カフェ・フィリオは地下にある創業1982年(昭和57年)の喫茶店ということで、入ったことはないながら気になっていました。
小雨のぱらつく花冷えの夕方、雨宿りを兼ねて入ってみることに。


地下への細い階段を降り、入口の看板を見ると、オールドビーンズを使用したコーヒーだという説明書きがあります。
もしかすると、ここもコクテイル堂の豆を使用しているのでしょうか。
ドアを開けると、外の寒さはどこへやら、少し暑いくらいの熱気と賑やかな話し声。


20数席の店内は8割方埋まっています。全面喫煙可のよう。
オープンテラスで談笑する気取った人たちに比べると、少しばかりカジュアルな客層にも思えますが、寛げる空間がそう見せているのかも知れません。


人当たりの良い若いマスターが持ってきてくれたメニューを見ると、フードはケーキ2種とトースト、クロックムッシュがあるようです。
フィリオブレンド(500円)とトースト(300円)をオーダーすると、「トーストは少しお時間掛かりますがよろしいですか?」と聞かれました。
この盛況ぶりなら無理もありません。
待っている間にもお客が入ってきて、諦めて帰られる方も。
やがて、まずコーヒーがリチャード・ジノリのベッキオホワイトのコーヒーカップで運ばれて来ました。


美しい小振りのカップに満たされた濃いコーヒーは、渋味が強くも円やかさのある、オールドビーンズならではの味わい。
続けて運ばれたトーストはこんがりと焼き上げられ、バターもしっかり染み込んでいました。一緒に塩の小瓶が。


軽く塩を振りかけて頂くと、美味しさが増します。
300円でこれは、かなりお得。
コーヒーも、決して物足りない量ではありませんでした。しかも、お代わりは300円で頂けるそうです。
また、このお店はラテアートでも有名らしく、SNSなどにも凝った絵柄のラテアートが沢山アップされていました。
空いていればお願いできるようです。


今回は混み合っていて忙しそうだったにもかかわらず丁寧な接客をされていて、とても良い印象でした。
レトロ喫茶でラテアートに出会うことも稀なので、機会があれば頼んでみたいです。

※カフェ フォリオ
住所:東京都渋谷区猿楽町23-3 鳥居ビルB1F
電話番号:03-3464-0512
営業時間:11:00~22:00、第1、3、5水休

東京都渋谷区猿楽町23-3 鳥居ビルB1F

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存