まるで博物館、訪ねる価値ありの「自然館」のコレクション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

両親の影響で、自然を愛好する私には、緑に囲まれたお店というのはそれだけで心安らぐ空間です。
植物も動物も鉱物も大好きですし、それらの標本にも心惹かれます。
「自然館」には石が沢山あると聞き、是非行ってみたい、と思い、武蔵小金井での用事の前に時間があったので、寄ってみることにしました。
駅からは5、6分でしょうか、住宅街の中に突然現れたのは、覆い被さるような蔦で覆われた一軒家。


入口の脇にはプランターに混じって、なぜかベティ・ブープの人形が立っています。


一歩、中へ入ると、そこは想像以上に素晴らしい空間が広がっていました。


入ってすぐの台の上にはビオトープの水槽。


壁際は全て棚が作りつけられ、鉱物標本で埋め尽くされています。


流れているカントリーミュージックも、お店の雰囲気に合っています。
40席程の店内は空いていて、マスターと思しき男性の「どこでもどうぞ」の声に促され、化石の棚のそばの席に着きました。


メニューはドリンク・フードとも割と充実していて、しかもかなりのお値打ち価格。
ブレンドコーヒー(280円)とブルーベリーマフィン(280円)を頼みました。
オーダーを待つ間、許可を得て店内をゆっくり見て回りました。


コレクションは鉱物だけでなく、多肉植物の飾られた棚もありましたし、古いランプや扇風機、模型、絵画など、アンティークかつストイックさを感じさせるものたちが、ある種の神聖ささえ漂わせていました。


やがて、珈琲が到着。嬉しい事に、陶器のカップには冷めないように、蓋がされています。


珈琲は苦味が引き立ちつつバランスの取れたお味で、少し前に行ったnicoの珈琲と似ているような気がしましたが、同じ厚手の陶器のカップがそう思わせたのでしょうか。
温められたマフィンは、ふわっとした生地に大粒のブルーベリーが幾つも入っていて、自家製ならではの美味しさ。
数種類あるマフィンの、別のお味も試してみたくなりました。

お手洗いはこの右奥に。その手前にも標本箱などがぎっしり。

鉱物好きの友人はいたかしら?またお店を訪れる口実に、誰か誘いたい。
名残惜しい気持ちで、お店を後にしました。

※自然館
住所:東京都小金井市本町1-15-18
電話番号:042-387-7076
営業時間:11:30~19:00、月・祝休
URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~sizenkan/

自然館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存